【5/20&5/27開催】「贅沢な読書会 第二十五回」彩瀬まる×瀧井朝世

Description

一冊の本を通して、多くの人と触れ合うことのできる「読書会」。本を読んだ感想を語らうことは、それぞれの価値観や感性、さらには、これまでの人生を分かち合うこともできる貴重なひとときでもあります。


でも……。そんなにも濃密で素晴らしい時間を仲間と過ごし、共に語り合ったことが、作者本人に届いたら、もっと素敵だと思いませんか?


そこでBUKATSUDOでは、「贅沢な読書会」をほぼ毎月開講中です。

<これまでのゲスト作家、課題作は、こちらからご覧いただけます>


モデレーターにお迎えするのは、数々の雑誌やメディアで、作家インタビューや書評、対談企画などを担当されているフリーライターの瀧井朝世さん。

一冊の課題図書をめぐる「読書会」は、2回にわたって開かれます。
前編は、モデレーターの瀧井朝世さんと参加者でのスタンダードな読書会。
瀧井さんから作者の作風や、実際にインタビューされた話などを伺いながら、課題図書への理解をより深めるとともに、作者の方に質問したいことを皆で考える重要な回です。

そして後編では、いよいよ課題図書の作者ご本人をお迎えし、読書会で語り合った話をもとに、瀧井さんと作者を囲んでのトークを楽しみます。


「贅沢な読書会」二十五回目にお迎えするのは、作家・彩瀬まるさん。

課題図書は、2017年10月に文藝春秋から刊行され、第158回直木賞候補にもなった短編集『くちなし』です。


***

別れた愛人の左腕と暮らす「くちなし」
運命の相手の身体には、自分にだけ見えるは花が咲く「花虫」
好きな人が、ほかの女性のために作る「愛のスカート」
獣になった女は、愛する者を頭から食らう「けだものたち」
崩壊した家庭の妻が、少年を買う「薄布」
夫を亡くした妻が茄子色に髪を染める「茄子とゴーヤ」
皆が出産する世界で自分だけが生き残ってしまう「山の同窓会」
 
本作は、繊細に紡がれる全七編の傑作短編集です。


***


日曜の夕方、本を通してかけがえのない仲間に、

そして作家に出会うことのできる贅沢な2時間を、どうぞお楽しみ下さい。



【日時】
5月20日(日)17:30-19:30 瀧井朝世さんと参加者による読書会 
5月27日(日)17:30-19:30 彩瀬まるさんを囲んでの読書会 

※彩瀬さんのご出演は、5月27日(日)のみとなります。
※2日間セットでの講座です。両方参加できる方のみご応募ください。
※どちらか1日のみのチケットは販売いたしません。


【課題図書】


【定員】

20名


【受講料】

★全2回 5,400円(税込)

★第二十四回&二十五回 連続受講割引チケット 9,800円(税込) 

第二十四回(開催:4/8・4/15、ゲスト:中島京子)、第二十五回(開催:5/20・5/27、ゲスト:彩瀬まる)の通し参加チケットを、枚数限定でご用意しました!

どちらも参加予定の方は、こちらのチケットでお得にご参加いただけます。

本ページではなく、第二十四回お申込みページのチケット種別より、「連続受講割引チケット」を選択してください。

※第二十四回 お申込みページはこちら https://reading24.peatix.com/


Sun May 20, 2018
5:30 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(5/20&5/27) ¥5,400

Combini / ATM payment will be closed at the end of May 19, 2018.

Venue Address
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ ドックヤードガーデンB1 Japan
Organizer
BUKATSUDO
3,879 Followers